メディアの庭
商品、サービス、悩みからランキングまで、様々なコンテンツを抜粋したメディアです
ランキング

一度は使ってみたいアニメ・漫画の道具 TOP10

今回は、一度は使ってみたいアニメ・漫画の道具ランキングです!

実写化もされた有名なノート、
もしもの世界を実現させてくれる道具、
行きたいところに瞬時に行ける道具、

一度は使ってみたい道具はいったい何なのか!?
それでは第10位から発表です!

 

一度は使ってみたいアニメ・漫画の道具 TOP10

第10位

仙豆(せんず)

『ドラゴンボール』に登場。
一粒食べればたちまち空腹が満たされ、どんな傷もたちどころに治ってしまいます。
数百年間育てても取れるのは壺一杯分にしかならない程育てるのは困難で、食糧危機解決にはなりそうにもないです。

第9位

斬鉄剣(ざんてつけん)

『ルパン三世』に登場。
石川五ェ門の持つ日本刀。
凄まじい斬れ味を誇るだけでなく、ビルを真っ二つにする等刃渡りを無視した長さを斬る事も可能です。
鍔や鞘、柄などの装丁は整えず、常に白鞘の状態で使用されています。

第8位

アミュスフィア

『ソードアート・オンライン』に登場。
SAO事件から半年後に発売されたナーヴギアの後継機で、セキュリティシステムおよびセーフティ機構が強化されています。形状は2つのリングが並んだ円冠状の器具で、規格はナーヴギアと同一であり、対応ソフトも同じです。
SAO事件を踏まえて電磁パルスの出力は大幅に弱められ、脳の破壊は物理的に不可能になっています。

第7位

タケコプター

『ドラえもん』に登場。
大きさや形状は、日本の伝統玩具の竹とんぼとほぼ同じである。
ちなみに動力源は電池らしいです。

第6位

蝶ネクタイ型変声機(ちょうねくたいがたへんせき)

『名探偵コナン』に登場。
蝶ネクタイの形をしたボイスチェンジャー。番号で声を選ぶことができます。
眠りの小五郎で推理をする際に使用する、腕時計型麻酔銃と並ぶ探偵アイテムの代表格です。

第5位

木刀(ぼくとう)

『銀魂』に登場。
主人公の坂田銀時が使用している。
「洞爺湖」の銘が彫られています。
本人曰く修学旅行で洞爺湖に行った際に購入したらしいが、真偽は不明。初期に神楽に破壊されており、その後は通信販売で購入しているような描写があります。

第4位

タイムマシン

『ドラえもん』に登場。
未来にも過去にも短時間で航行出来る機械です。
作中では、のび太の机の引き出しの中にあります。

第3位

デスノート

『DEATH NOTE』に登場。
このノートに名前を書き込むと、名前を書かれた相手は死んでしまいます。
死亡時間・死の状況なども書き込むことで死因を設定できます。
死神はこのノートを用いて人間を殺すことで、その人間が本来生きる筈だった寿命を貰い受け、寿命を伸ばすことが出来ます。
なお死の操り方や使用方法に関しては、いくつものルールが表紙の裏に記されています。

第2位

もしもボックス

『ドラえもん』に登場。
公衆電話ボックス型の道具で、中に入って受話器を掛け、「もしも○○が××だったら?」のように話してベルが鳴れば、その通りになります。
作中では「もしも魔法の世界だったら?」「もしも音のない世界だったら?」「もしもお金が要らない世界だったら?」のように、世界の法則ごと変えてしまう使い方が多いです。

第1位

どこでもドア

『ドラえもん』に登場。
場所を思い浮かべてドアを開けるとその場所に繋がって移動出来ます。
元の場所に戻るには、ドアを反対側から開けばよい。
行き先を明確に指定しなくても、それこそ「どこか遠い山奥へ」や「○○がいる(ある)場所」と大雑把に告げても、自動的に手ごろな場所や使用者が目的を果たせる場所へ繋いでくれます。