メディアの庭
商品、サービス、悩みからランキングまで、様々なコンテンツを抜粋したメディアです
サービス

服購入を代行してくれるおすすめファッションコーデサービスを紹介

洋服は人を魅力的に仕立ててくれるものではありますが、今流行している服はどのようなものか、自分にピッタリの服はなにかということを考えなければいけません。

それに忙しいとお店に服を買いに行く時間がとれなくて、流行遅れの服しかないと嘆く人もいます。

そういった悩みをまとめて解決できるのがファッションコーデサービスです。

 

ファッションコーデサービスとは?

服装のこと気にするのは、女性のほうが多そうですが、このファッションコーデサービスでは男性向けのサービスが主流です。

これは女性は自分の目で欲しいものを見極めたいという傾向にあることや、男性の場合には子供の頃から自分の身だしなみにあまり関心がない事が多いといったことが理由として考えられます。

おすすめはDinate

その中でもおすすめするのはDinate(ディネイト)というサービスです。

Dinataの公式サイトはこちら

 

コーディネーターがアナタに似合う服をチョイス

サービスの利用はまず具体的にどういう風葬が良いのかといった要望やコーディネートをして欲しいスタイリスト、予算、支払い方法などを伝えます。

すると指名したスタイリストが希望条件や予算にあった服を探し出してコーディネートを提案してくれます。

コーディネートは予算とほぼ同額になるように計算されています。

そうして気に入ったコーディネート案が出てくるまで何度も話し合いをしていきます。

やり取り簡単・自分はお店に行かなくても良い

やりとりはサービス内のメッセージ機能でできるので簡単です。

最終的にコーディネートが決定したら、卸売価格で服購入の代行をしてくれるので自分で探すよりもお得に手に入ります

 

服のセンスがなくてもお洒落になれるのが最大のメリット

センスのある服装に自信がないと思っている人は結構いますから、このサービスはそういったニーズに応える事ができるとても便利なサービスと言えます。

ただ、そこで問題になるのは、肝心のスタイリストのセンスは大丈夫なのかということです。

もちろん、コーディネート案を提案されても、気に入らないものを購入する必要はないので、無駄な買い物となるわけではありません。

でも素敵だと思えるものがなければ、他のサービスを利用したほうが良いと思うでしょう。

ファッションコーデサービスではどのような人がスタイリストになるのかというと、セレクトショップの経営に携わっているような服装のプロがやっていることもあれば、服飾の専門学校に通っている学生やオシャレが好きな主婦や大学生など素人とあまり変わらないこともあります。

 

芸能人のスタイリストも在住

ではDinateではどうなのかというと、

芸能人のスタイリングもするプロ中のプロが参加しています。

Dinateのスタイリストになる条件として「スタイリスとしての5年以上メディアでの活躍」「携わった作品の経歴」など普通では超えられない条件をクリアしなければいけないので安心して任せることができます。

さらにそういったファッションコーデサービスを利用するシチュエーションとして、恋人とのデートや婚活パーティーなどに参加するためという事が考えられます。

経験豊富なスタイリストがいるDinateならば、異性にモテるための服装を徹底的に分析してコーディネートをするので大丈夫です。

身の丈に合わない雑誌でモデルが来ている服装などではなく、顧客にあったモテる服を選んでくれます。

その際には、ただ選んだ服を顧客に来てもらうというだけでなく、どういう風に着こなしていけばよいのか、というように実践的なアドバイスをしてくれます。

キャンセル・返品も受け付けている

そうして、服の購入代行をしてもらった後ですが、実物が届いてみたら気に入らなかったということも起こりえます。

そういうときには普通に店で購入したときのように返品はできるのかというと、キャンセルも返品も受け付けているので気軽に利用できます。

ただし、汚れたりしていると返品は受け付けてくれませんし、キャンセルは30%の手数料がかかります。

Dinataの公式サイトはこちら