メディアの庭
商品、サービス、悩みからランキングまで、様々なコンテンツを抜粋したメディアです
ランキング

【2017年】人気男性声優ランキングTOP10

今回は、人気男性声優ランキング【2017年版】です!

マイペースなゲーム廃人声優、
カレーが作れない声優、
重度のガンダム好き声優、

2017年の人気男性声優はいったい誰なのか!?
それでは第10位から発表です!

 

【2017年】人気男性声優ランキングTOP10

第10位

杉田智和(すぎた ともかず)

所属『アトミックモンキー』
愛称『杉田さん』
代表作『銀魂(坂田銀時)』
低めで厚みのある声質、独特のゆるいテンションとテンポが特徴的で、一度聞くと耳に残りやすい印象的な声をしています。
少し年齢の高い主人公や兄貴分的な役回りが多い一方、ツッコミやアドリブに定評があるせいか、コメディリリーフに回されることも多いです。
近年では堅物な喋り方のキャラが多い傾向にあります。

第9位

諏訪部順一(すわべ じゅんいち)

所属『東京俳優生活協同組合』
愛称『諏訪部さん』
代表作『テニスの王子様(跡部景吾)』
元々映画監督志望で、さまざまな職業を経験した後に脱サラして声優になったという、珍しい経歴の持ち主です。

第8位

櫻井孝宏(さくらい たかひろ)

所属『インテンション』
愛称『たかぴろ』
代表作『おそ松さん(松野おそ松)』
実家は『桜井米穀店』という米屋であり、3人兄弟の長男。
野原を全焼させたり理科室の机を燃やしたり、ミサイルにしたロケット花火をテントやトイレで用を足している人に向けて発射したりとかなりハチャメチャな過去をしています。

第7位

松岡禎丞(まつおか よしつぐ)

所属『アイムエンタープライズ』
愛称『つぐつぐ』
代表作『ソードアート・オンライン(桐ヶ谷和人)』
“どこか壊れそうな儚い印象をもたらす声”であると言われています。
ほかの人との時間を大事にすること、誰かと会ったり一緒にご飯を食べる時間を大事にすることを心がけているそうです。

第6位

小野大輔(おの だいすけ)

所属『フリー』
愛称『小野D』
代表作『デュラララ!!(平和島静雄)』
料理が好きで、特にカレーにはこだわりがあるとの事。
保坂のカレーの歌は有名ですね。
大仏マニアであり、大仏ストラップを携帯電話に付けているそうです。

第5位

福山潤(ふくやま じゅん)

所属『 アクセルワン』
愛称『じゅんじゅん』
代表作『コードギアス 反逆のルルーシュ(ルルーシュ・ランペルージ)』
役柄としては、主人公格の青少年が多めな一方で、低音ボイスを用いてクールな男性役や「悪役」もこなします。
気弱なキャラクターなど「女子力」が高音ボイスを演じる際は、「女声」を用いた演技を披露しています。

第4位

梶裕貴(かじ ゆうき)

所属『ヴィムス』
愛称『ゆうたん』
代表作『進撃の巨人(エレン・イェーガー)』
中性的で甘い声質が特徴的ですが、声を張った際の「叫び」の凛々しさに定評が有ります。
少年〜青年役などを多く演じ、主人公も多数演じています。

第3位

中村悠一(なかむら ゆういち)

所属『シグマ・セブン』
愛称『ゆうきゃん』
代表作『魔法科高校の劣等生(司波達也)』
非常にマイペースな性格で、基本的にテンションは低くネガティブ思考。
ゲーム廃人として有名で、「いつ寝てるか分からない」と言われる程。
ネットゲームやアーケードゲームも好み、ゲームセンターでの目撃情報が多いです。

第2位

宮野真守(みやの まもる)

所属『劇団ひまわり』
愛称『マモちゃん』
代表作『Steins;Gate(岡部倫太郎)』
カレーは作れないが既婚者です。
「顔がうるさい」と、口ほどに物を言う表情の豊かさと顔芸に定評があります。

第1位

神谷浩史(かみや ひろし)

所属『青二プロダクション』
愛称『かみやん』
代表作『化物語(阿良々木暦)』
重度のガンダム好きであり、ガンダムシリーズに出演する際は必ずと言っていい程、ガンダムパイロットの役を貰ってます。