メディアの庭
商品、サービス、悩みからランキングまで、様々なコンテンツを抜粋したメディアです
ランキング

【2017年】人気女性声優ランキングTOP10

今回は、人気女性声優ランキング【2017年版】です!

透明感のある声質に惹かれるあの方、
演技力、ルックス、歌声全てに輝きを放つあの方、
美しく澄んだ声質が人気のあの方、

2017年の人気女性声優はいったい誰なのか!?
それでは第10位から発表です!

 

【2017年】人気女性声優ランキングTOP10

第10位

戸松遥(とまつ はるか)

所属『ハルカス』
愛称『ミュージックレイン』
代表作『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(安城鳴子)』
明朗快活でお調子者な性格です。
趣味はサメグッズを集めること。非公式通称は「とまっちゃん」。

第9位

釘宮理恵(くぎみや りえ)

所属『アイムエンタープライズ』
愛称『くぎゅ』
代表作『灼眼のシャナ(シャナ)』
「釘宮理恵の演じる女性キャラ=ツンデレ」のイメージが強いが、実際には幼女から大人の女性まで大抵の声なら出せる幅広い演技幅を持ちます。

第8位

雨宮天(あまみや そら)

所属『ミュージックレイン』
愛称『天ちゃん』
代表作『この素晴らしい世界に祝福を!(アクア)』
好きな色は青であり、「青」で画像検索して表示される画面を見ると落ち着くとのことです。
服飾もほとんど青色なので「雨宮天」で画像検索しても青色だらけになります。
座右の銘は「類は友を呼ぶ」。

第7位

佐倉綾音(さくら あやね)

所属『アイムエンタープライズ』
愛称『あやねる』
代表作『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続(一色いろは)』
一人っ子でかなり歳の離れた両親の元で生まれ育ちました。
性格は明るくはっちゃけやすいタイプですが、本性は重度の百合マニアです。

第6位

悠木碧(ゆうき あおい)

所属『プロ・フィット』
愛称『こども先生』
代表作『魔法少女まどか☆マギカ(鹿目まどか)』
根は相当にしっかりしているが、行動は割とフリーダムな所があり「飛び道具」扱いされることがあります。
ドール集めが趣味で、球体関節萌えだそうです。

第5位

茅野愛衣(かやの あい)

所属『大沢事務所』
愛称『かやのん』
代表作『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(本間芽衣子)』
一人っ子で実家暮らし。
大沢事務所に所属する声優であると同時にイヤーセラピストとダイエット指導師の資格を持つ現役のエステティシャンでもあります。

第4位

沢城みゆき(さわしろみゆき)

所属『青二プロダクション』
愛称『みゆきち』
代表作『ギャラクシーエンジェル(ミント・ブラマンシュミント・ブラマンシュ)』
名前の由来は、父親が中島みゆきの大ファンだった事から。
声優という職業を意識するようになったのは、アニメ『るろうに剣心』を見た影響だと語ります。
比較的低めの地声であり、大人役から幼い少女、はたまた男役や赤ん坊やマスコットキャラクター、果てはニュース番組のナレーションまで、どんな役でも大抵はそつなくこなす実力派声優です

第3位

早見沙織(はやみ さおり)

所属『アイムエンタープライズ』
愛称『はやみん』
代表作『俺の妹がこんなに可愛いわけがない(新垣あやせ)』
高校卒業までカトリック系の「白百合学園」に通っていたという筋金入りのお嬢様です。
声優の仕事をはじめて意識したのが、小学校4年生の頃に母親とオードリー・ヘップバーンの出演映画の見ていた時に母親から吹き替えの存在を聞かされた時だったと語っています。

第2位

水瀬いのり(みなせ いのり)

所属『アクセルワン』
愛称『いのりん』
代表作『Re:ゼロから始める異世界生活(レム)』
子供の頃は名探偵コナンの毛利蘭の活躍を見て空手を始め、テニスの王子様に影響されては自身もテニスを始めるという行動派な人物であったそうです。
年間パスを所有するほどのディズニーリゾート好きで、東京ディズニーランドには1年に100回以上入園、ミッキーマウスは理想の恋人だと公言しています。

第1位

花澤香菜(はなざわ かな)

所属『大沢事務所』
愛称『ざーさん』
代表作『俺の妹がこんなに可愛いわけがない(黒猫)』
柔らかく可愛らしい声質で、演技の幅は広いです。
演じるのは少女キャラクターが多く、主役・ヒロイン率も高いです。
そして徐々にではありますが少年役として出番も獲得してきています(ただしこぞって女装少年です。)